学校行事

 ※クリックすると大きい画像が見られます。

先生たちの日記

 今年の雪はとても多かったと青森市民も口をそろえます。
 2mを超す雪の壁も、除雪作業と気温の上昇でこんなに小さくなりました。
 凍りついた歩道の路面も見えてきています。
 今年の桜は4月の20日ころとか。
 入国制限も雪解けで、我が校の留学生は桜の季節にやってきます。

先生たちの日記

学校近くの堤川上空を八甲田山の方向へ白鳥が飛んでいきました。
北に帰るのでしょうか。
白鳥が飛び去ると、青森にも春がやってきます。

最新情報

 COEが申請したモンゴル人留学生全員に交付されました。
 健康と体育を専攻したい社会人経験のある人、エアロビクスの全国大会に出場した人、観光ビジネスを学びたい人、エンジニアを目指す人など個性豊かな学生たちです。ご両親が遊牧の仕事で留学資金を用意してくれたという学生もいて、教室での話題が楽しみです。

先生たちの日記

 今日は節分。当校も豆まきをしました。
 もちろん、まいたのは「ピーナッツ」(落花生)です。

 「ん?それが、何か?」(青森県民)
 「ありえん。大豆だろ、ふつう。」(関東以西)

 校長(川崎市出身、千葉市在住30年)にとって、節分の豆まきは「とうぜん」煎り大豆でしたから、落花生をまくのはごく最近の流行かと思いました。
 ところが、青森県出身の学生時代の友人にたずねたところ、「中学校で豆まき用に落花生が配られていた。」というので、50年前にはすでに定着していたことがわかります。
 落花生を節分にまくのは山形県以外の東北全県と北海道及びその他の四県だそうです。青森県は全地域100%落花生です。
 なぜ、落花生なのか? わかりません。教えてください。仕掛け人がいたのでしょうか。
 ちなみに、生産量日本一の千葉県では落花生をまきません。県民の生活を支える落花生を粗末にするわけがないからです。
 青森県の母体になった旧、八戸藩、南部藩、津軽藩は米の不作に苦しめられました。大豆は藩財政を支えた極めて重要な商品作物だったのです。大豆をぶちまけるわけがありません。もっとも江戸時代に落花生を投げていたかは不明です。 

学校行事

 フィリピン、モンゴルに加え、ネパールともオンライン授業を始めました。
教科書や宿題はメールで送り、宿題はメールで返してもらって添削しています。
教科書は専任教員、高橋が編集しました。
 オリジナルの絵カードや掲示シートもいろいろと作っています。
 入学後に備えて漢字のテストも作成中。漢字をひらがなに、ひらがなを漢字にという形式ではなく、言葉の意味を視覚でとらえ、漢字と仮名で書き表すという「新形式」。専任教員、水野が毎回工夫を凝らして作っています。

先生たちの日記

 健康診断の後、校長が健診センターでもらったお弁当は青森県の「うまいものづくし」でした。生活習慣病を主に検査する健診の後で、なぜ?とも思いましたが。
 なお、お弁当がもらえるのは一般健診の場合のようなので、学生が定期健診でもらえるわけではありません。

 帰りに堤川のつららを観察。更に成長しており、水面に到達していました。
 ※ つららが水面に到達すると「あたたかい」水で溶けるので、水中には達しません。

先生たちの日記

 大雪は大変ですが、晴れた時の雪景色は爽やかです。
  ・川の向こうに雪化粧した八甲田山が望まれます。
  ・近くの川の端から2~3mはありそうな大きな氷柱が下がっています。
  ・年末の大雪で雪は通常で1m、道路わきは除雪された雪が重なって2m超え。
 車や人の高さと比べてみてください。除雪車は毎日大活躍です。

先生たちの日記

 青森駅は海に面しています。
 駅前の砂浜で開かれているのが「あおもり灯りと紙のページェント」
 暗くなると、地元の小学生が作った紙の人形に灯りがともり、真っ白な雪を照らします。 少し寒いですが、雪も美しく彩るこの催しを来年はみんなで見られることでしょう。