教職員紹介

あおもり日本語学校の教職員をご紹介します。




校長 澤井さわい 登史朗 としろう

出身 神奈川県川崎市
趣味 野菜の自然栽培(挑戦中)
座右の銘 我、事において後悔せず
(出典:吉川英治作「宮本武蔵」)

経歴
2003~2011 朝日国際学院 教員・主任教員
1999~2000 河南大学外語学院日語学科
2013~2019 学校法人創志学園
・愛媛女子短期大学(現IPU短期大学部)
 国際交流コース長
・東京国際ビジネスカレッジ
 日中通訳翻訳コース・日本語学科 教員
 日越ビジネス通訳翻訳コース長

自己紹介

緑がほとんどない川崎市川崎区で育ち、弘前、函館、イギリス、中国、宇和島(愛媛)、千葉などを転々として、四季の美しい青森に落ち着きました。現在は八戸市に住み、青森市で日本語教師としての仕事ができるようになったことを幸せだと感じています。

日本語教師になったきっかけは?

英語を学びにイギリスに短期留学し、その後ヨーロッパを周遊した時の経験がきっかけになりました。詳細は省きますが、ヨーロッパの学生達よりも同じアジアの学生達とのつきあいから受けたショックが大きかったです。アジアの若い人たちのためにできることはないかと考えたときに思い当たったのが日本語教師でした。渡航前、塾の教師が職業で、教授技術の足しにしようという程度の気持ちから日本語教師養成講座を受講し、数か月教えたことはありました。しかし、日本語教師を自分の仕事にしようと思ったのはこの留学以後のことでした。

日本語教師として大切にしていることは?

1. 国籍や地域で分け隔てをしないこと
2. 学生の美点と長所に着目すること。
3. 日本がスタンダードだ、日本はいい国だ、おもてなしの心あふれる国だなどと威張らない。日本の美点を意識するのはよいことですが、強調は不要だということです。

学生との思い出などを教えてください。

たくさんあって、書き切れません。お金のない学生の相手ばかりをしてきたような気もします(笑)。 そういえば、この原稿を書いている時にしめているネクタイは、期日通りに学費を払ったため、食費もなくなってしまった学生が後日、恩返しにとプレゼントしてくれたものでした。控えめに、そっと手渡してくれた情景が思い出されます。

留学生たちへ一言

「日本と母国、そして世界の友好と発展のために」力を尽くせと格好の良いことも言いたいのですが、そんなことよりも、何よりも日本語をはじめとして日本留学で学んだ様々なことを自分のために役立ててくれれば私はうれしいです。大学や大学院の研究者になる、ビジネスマンとして国際社会に乗り出す、日本語の先生として後輩を育てる、日本で働く外国人のサポート、通訳翻訳者など、卒業後に開ける道はたくさんあります。しかし、国へ帰った後、日本語を全部忘れても、国際感覚のあるお父さん、お母さんとして子供を育ててくのもまた、留学経験を生かしてもらえたことになると私は思います。Facebookで以前の学生が子供の写真や動画を載せているのを見ると私も心温まる思いです。



専任教員 水野みずの 瞳 ひとみ

出身 山梨県
趣味 パズルや謎解きをすること、バスケットボールの試合を観ること
座右の銘 勝つことよりも負けないこと

経歴
2021.9 あおもり日本語学園の教師に採用される
2020.4 2021.5 日本語教師を志し退社する
2020.3 地元の会社に就職する
2020.3 大学を卒業する
2018.1 海外の大学にインターンシップ留学する

自己紹介

生まれも育ちも山梨県で、最近青森県へ来ました。寒さにはめっぽう弱いですが、人の温かさで厳しい冬をのりこえられそうです。休日は自室でのんびり過ごす一方で、散歩をしたり卓球やバドミントンなどをしたりと、体を動かしてリフレッシュすることもあります。

日本語教師になったきっかけは?

「日本に興味がある人、日本で生活する人の力になりたい」と思いました。小さいころから、手助けした相手からもらう笑顔が自分のいちばんの生きがいであると感じています。どんな仕事もどこかの誰かの役に立っていますが、日本語教師として慣れない環境で奮闘する学生の夢への貢献ができたらと思っています。

日本語教師として大切にしていることは?

学生の学びの伴走者であるということを大切にしていきます。授業も、生活の指導も、学生の目線からの言動を意識したいです。また、わたしが大学時代に尊敬する教授に出会ったように、良くも悪くも人生に影響する仕事だと思っています。知識を深め、学生の疑問に答えられるように努めていきます。

学生との思い出などを教えてください。

クラスでの出来事以外で考えると、サプライズで誕生日を祝ってもらったことが心に残っています。

留学生たちへ一言

いつでもスタートできます。足元にラインを引いて、青森県で目標や夢に向かって走り出しませんか?



専任教員 高橋たかはし 龍之介 りゅうのすけ

出身 青森県
趣味 ビリヤード、将棋

経歴
2015.3~2020.8 廊坊師範学院(中国)
2020.11~ あおもり日本語学園

自己紹介

こんにちは、高橋 龍之介です。

日本語教師になったきっかけは?

突然海外に行ってみたいという気持ちが強くなり、新卒で入った会社を1年経たずしてやめました。やめたはいいものの海外に行って何をするのか分からず途方に暮れていたところ、そこで出会ったのが海外の日本語教師という選択肢です。資格がなくても日本人というだけで需要があったので思い切ってすぐ中国へ行きました。はじめは苦労もありましたが、中国にいる間にすっかり日本語の魅力に取りつかれ今に至ります。突然海外(中国)に行ってみたいと思ったのは、今思うと大学時代の中国人の友人がきっかけだったのではないかと思います。

日本語教師として大切にしていることは?

学生へ教えるためには確かな知識がなければいけませんので、自分自身の勉強を最も大切にしています。私の中には学生から飛んでくる質問にちゃんと答えられなかったときの恥ずかしさがずっと残っています。自分が恥ずかしいというだけなら別にいいのですが、それは結局学生に影響を及ぼすことです。ずっとそのようなモチベーションで日本語に向き合っています。

学生との思い出などを教えてください。

日本語教師になりたての頃は私も大学卒業したばかりということもあり、中国で受け持った学生たちとほとんど同じ年齢でした。教師と学生というよりも友達みたいな関係で、中国に来たばかりの私をご飯に、カラオケに、観光にと、いろんなところに連れていって楽しませてくれました。逆に私が留学生になった気分で、今でもそれは最高の思い出です。

留学生たちへ一言

勇気がなければ留学なんてできません。でも勇気があってもどうにもならないこともあります。外国で生活することはそれくらい難しいことです。しかし、あおもり日本語学園にはその苦しみを理解している先生がいます。困ったときは必ず助けてあげます。自分の人生を切り開くため、まずは勇気だけ持ってきてください。